kikuno-room

菊乃のイラストサイトです Please enjoy my illustrations <3

3:赤ちゃんと接近中

こんにちは、普段は自分の母性なんてまったく意識してない私ですが
珍しくほんのりした気持ちになれた本日・・・
それは赤ちゃんと急接近したからです。

親を経験した人は、もしかしたら特に感慨はわかないかもしれませんが
それでも、赤ちゃんを抱くとなんだか特別な気持ちになりませんか?
特に私のように一人っ子で未婚だと、赤ちゃんとの出会いは未知との遭遇!

まあ、なぜ赤ちゃんを抱くことになったかと言うと
母親の患者さんの処置中は普段看護師さんが赤ちゃんを預かるのですが
今日に限って手の空いてる看護師さんがいなかったので・・・
暇そうにしていた私に、赤ちゃんがパスされてきただけの話なのですが。

(子連れの患者さんもたくさんいるのに、託児所のない所が多いですよね)
3:赤ちゃんに接近中

赤ちゃんって、熱くて生命力があって本当にかわいいものですね。
私は赤ちゃんを抱く機会なんてめったにないので、
抱き方がおかしいらしく看護師さんが心配そうな顔していましたけど・・・

周囲の女医が晩婚ばかりで、私も結婚をあまりあせってはいないんですが
赤ちゃんと接近すると結婚より前に子供がほしくなるのが不思議な心理です。


2:紙だらけのプライベート

  • 菊乃
  • 2008年5月24日
  • 日常

こんにちは、世間は新学期・新年度を過ぎて
みなさんそろそろ新しい環境になじんでいる時期だと思いますが・・・
私はというと6月から新病院。
今頃緊張感を高めつつ新生活の準備中です。

それにしても引越しの準備をしながらつくづく
とんでもない量の紙に我ながらびっくりしています。
おそらく同業者の方々はみなさん同じ状況だと思うのですが、
とにかく紙類がたまるたまる!

医師会の雑誌・学会関係の雑誌は毎月のように届くし
自分の発表した論文やスライドの資料
製薬会社から届けられるパンフレットやリーフレット・・・

読んだら片っ端から捨てればいいのでしょうけれど
大量の雑誌を読む時間もなくたまる一方。
古いものはいっそ捨ててしまおうかと思いつつ、
いやしかし、この中に有用な情報があるかも・・・なんて思い始めると
結局捨てられずに紙ごみの山が巨大化していくわけです。

私の母はきれい好きなので、
うっかり通りがかって私の私室を覗くとめまいがするそうな・・・

2

同級生に聞くと、どこも同じような事をしているらしく
自分は散らかしているつもりはないのに
家族には「部屋が汚い!」と文句を言われ
うっかり医学誌の写真のページを開いていようものなら
「気持ち悪い!」と冷たい視線を向けられるとか・・・

処分に迷っているうちに、さらに紙類がたまっていく日々です。
医者の机の上や部屋がやたら汚いと言われるゆえんは
これが理由だと思います・・・片付けられないわけではないのです!たぶん・・・


1:はじめまして

  • 菊乃
  • 2008年5月22日
  • 日常

こんにちは、はじめまして。新米女医の菊乃と申します。
大学を卒業し研修を終え、先輩医師を頼りながら仕事をしていた私ですが
このたび郊外の病院でひとりだちして働くことになりました。

今まではあれもしないとこれもしないとと
ふりかえる時間もなく駆け抜けてきた私ですが
少し仕事のペースにも余裕ができそうなので
ゆっくり落ち着いて自分自身を見つめ返したくなりました。

1

そこでもともと好きだったイラストとともに
毎日の出来事を絵日記風につづってみようと思いました。

このブログを偶然見た方が、
私の情けない日常を垣間見てくすっと笑顔になったり
ほんのりした気持ちになってもらえたら・・・なんて考えています。
これからもゆるりと更新しますので、よろしくお願いいたします!