kikuno-room

菊乃のイラストサイトです Please enjoy my illustrations <3

13:病院の新年度

こんにちは、この時期大学病院などの病院に出現する
看護学生さんをご存知ですか?
白と水色の縞のワンピースに白エプロンがトレードマーク、
自分が大学病院で研修をしていた頃は
そのかわいらしさにびっくりしたものです。

その看護学生さんが出現すると、病院の新年度がやってきたなと
毎年実感してしまいます。

13:看護学生さん

4月は一般企業の新年度なので、健康診断や学校健診があり
病院にも患者さんが増える時期。
その上職員が移動したりもするので混乱しやすい時期です。
なので手のかかる研修医や学生さんの新年度は
少し遅らせた6月になっている所が多いようですね。

というわけで、6月に健診を病院で受けるのはお勧めしません。
なぜなら、研修医に採血や検査をされる可能性が高いからです。
私も内科の研修を始めたばかりの頃は、
ぱっと見健康な患者さんの採血をさせていただいていた覚えが・・・

今年も縞のワンピースの看護学生さんの姿を見ながら
真新しい季節を感じている同業者さんも多いことと思います。
こんな風にしみじみしてしまうのは
私も年をとったという事かな?などと考えつつ・・・


12:ハムスターはネズミ?

  • 菊乃
  • 2008年6月8日
  • 動物

こんばんは、日曜日ゆったりと過ごしました。
新病院で1週間勤務しましたが、1日の外来の患者さんの数は
まだ15人~多くても20人くらいです。
もう少し知名度が高くなったらにぎわうと思うんですが、
なんだか罪悪感を感じてしまうのは勤務医の宿命ですね。

さて、犬猫が大好きなわりには飼った事がない私。
飼った事がある動物は、ハムスター・ウサギなど・・・
ウサギは両親にも好評だったのですが、
嫌がられたのはハムスターです。

12:ハムスターはネズミ?

母にはどうしても、ハムスターがネズミに見えるようで。
特に年配の方は、ハムスターを見るとネズミを連想するみたいです。
昔は屋根裏とか家の中でネズミが駆け回っていて
ネズミ捕りなんかを仕掛けて駆除していたそうですしね。

そもそも最近は家の中でネズミなんて見ないですから
ネズミ=駆除っていう構図はないわけですが。

それでも私が家を留守にしてる間
強制的にハムスターのお世話係になった母。

あきらめてめんどうを見てるうちに情が移ったようです。
「ハムスターってとぼけてて、かわいらしい顔してるわ」
気がつくと、そんな風に言うようになりました。

慣れってすごいものですね。
こんな日記を書いていたら、またハムスターが恋しくなってきました・・・


11:きれい?

こんにちは、気温が上がってきてだんだん夏の空気に変わってきました。
いかがお過ごしですか?

さて、1日の半分近くを病院で過ごしている私ですが
当然ながら患者さんは1日中病院で過ごしているわけで・・・
特に病気がちの入院患者の子供さんは
人生のほとんどを病院で過ごしているんじゃないかと思います。

みなさん視力を測る前に、眼科で機械の前に座らされた事ありませんか?
中に気球や木の風景がスライドのように写っていて
見ているとそれがにじんだりピントがあったりする・・・
あれは近視や遠視の度数などを自動で計測しているんです。

それが長期入院中の子供の視力を測ろうとしていたときの事。
度数を測るために機械を覗いてもらうと、「きれ~い!」と感嘆の声が。

11:きれい?

患者さんの視力を測るときに、何度もこの機械を操作しているけれど
そんなリアクションをされたのが初めてで驚きました。

きっとこの子供さんは、
大空の下にある気球なんて見たことがなかったんでしょうね。
「またこれ見にきたい」とうれしそうなその子を見ていて
なんだかしみじみ寂しい気持ちになってしまいました。

どんな年齢でも病気になるのはつらいものでしょうが
やはり小さな子供がずっと入院している状況は
ものさびしい気持ちになるものですね。

元気になって本物の気球をいつの日か見に行けたらいいねと
ひっそり願ってみる本日でした。